統計姓名学 歴史

数字の歴史

・数宇の持つ意味を解き明かした孔子と七十子

紀元前552年-紀元前479年。

春秋時代の中国の思想家、哲学者、儒家の始祖。

氏は孔、諱は丘、字は仲尼。(ちゅうじ)

孔子とは尊称である。(子は先生という意味)

 

有力な諸侯国が領域国家の形成へと向かい、

人口の流動化と実力主義が横行し、

旧来の都市国家の氏族共同体を基礎とする

身分制秩序が解体されつつあった周末、魯国に生まれた。

周初への復古を理想として、

身分制秩序の再編と仁道政治を掲げた。

 

孔子の弟子たちは、

孔子の思想を奉じて教団を作り、

戦国時代、儒家となって諸子百家の一家をなし、

孔子と弟子たちの語録は『論語』にまとめられた。

 

孔子には、3000人の弟子がおり、

その中でも「七十子」と呼ばれる才能の突出した

70余人の学生がいました。

 

孔子の死後、 子孫で著名な人物には、

『 孟子』『荀子』 『子思(孔子の孫)』

『孔安国(11世孫)』『孔融(20世孫)』等がおり、

孔子の子孫と称する者は数多く、

直系でなければ現在400万人を超すといわれています。

 

当たり前に使用している数字だが、

大変重要な意味を持ち、

孔子は『1~9』、

弟子は『0』を解き明かしたと伝えられています。

 

 

 

統計学と姓名判断

・統計学

経験的に得られたバラツキのあるデータから、

応用数学の手法を用いて数値上の性質や

規則性あるいは不規則性を見い出す。

 

統計的手法は、

実験計画、データの要約や解釈を行う上での根拠を

提供する学問であり、幅広い分野で応用されている。

 

現在では、

医学、薬学、経済学、社会学、心理学、言語学など、

然科学・社会科学・人文科学の実証分析を

伴う分野について、必須の学問である。

統計学は哲学の一分科である科学哲学において

重要な一つと考えられている。

 

統計学の源流は国家

または社会全体における人口あるいは

経済に関する調査(東西を問わず古代から実施)にある。

 

学問としては、

17世紀にはイギリスでウィリアム・ペティの

『政治算術』などが著述され、

その後の社会統計学に繋がる流れが始まった。

 

 

・姓名鑑定、姓名判断

大切な氏名から、

性格、人生の趨勢、適職、恋愛傾向、

結婚運・家庭運、かかりやすい病気・持病など、

一般的に運勢として総称される事柄について

解釈を与える占いの手法の一つです。

 

日本では伝統的に、

姓名で使用する文字の画数から

「5つ」の格数を算出し、

それらに与えられた伝統的・経験的な解釈に基づいて

解釈を行うものが主流を占めます。

 

加えて、

生年月日(人物の持つ本来の性質・役割)と、

姓名の陰陽二気(身体的調和)、

および姓名が発音されるときの音を

五行に対応させた際の調和、

八卦・九星などの数理との関係、

姓名を文として解釈するところの意味などを考慮し、

総合的な鑑定を示す流派もあります。

 

実は姓名判断には、

科学的根拠や合理的理由が無いことは

他の多くの占いと同様ではありますが、

弊社では、裏付けと根拠ある「統計学」と、

30年以上の経歴、延べ20,000人以上の

大切なお客様とのご縁を頂き、

独自の姓名鑑定をさせて頂いております。